月別アーカイブ: 10月 2010

ホーム > ニュース

ニュース

2010年10月21日

中越瓦版第60号 台風13号接近による中国華南地区・珠江エリア各港クローズ について-10月21日(木)13:00現在-

-国際輸送・通関・貿易情報のお知らせ- 平成22年10月21日(第60号)

いつも大変お世話になっております。

大型で非常に強い台風13号は、本日21日9:00現在、南シナ海にあって北へ進んでおります。22日9:00には南シナ海北部へ達し、23日9:00には台湾海峡付近へ進むものと思われます。台風周辺海域及び今後の進路にあたる地域は大シケになる模様です。

本日21日当社広州事務所情報では、塩田、蛇口、赤湾等の深圳各港のオペレーションにも影響が出ている模様、特に、珠江流域沿い河川港〔広州黄埔・容奇・順徳・中山・江門….〕が、本日21日午前よりヤードクローズに入っておるとのこと、香港へのフィーダー(河川バージ輸送)本船スケジュールも乱れ、本船出港の遅延も出ております。 

また、上記各港以外におきましても、今後の台風の進路状況によっては、福建省各港〔汕頭・厦門・福州〕、及び台湾への影響も懸念されます。

今後の情報、改めて入手出来次第、御案内申し上げます。何卒宜しくお願い申し上げます。

投稿日: 作成者: kokusai01 カテゴリー: 中越瓦版

2010年10月21日

中越瓦版第59号 【連載】関税評価と事後調査について(1)~(4)

国際輸送・通関・貿易情報のお知らせ-  平成22年10月18日(第59号)

いつも大変お世話になっております。税関調査部門による輸出事後調査につきましては、先日の「お知らせ」第55号(平成22年10月7日)で御案内の通りですが、事後調査の対象は、やはり納税が絡む輸入通関を対象とする調査が中心かと思われます。

一般的に「事後調査」とは、法令非違に対する摘発と言うよりは、税の公平、納税者に対する指導を主眼としておりますので、事後調査自体、お取引様の輸入取引に何らかの非違が有って、調査が行われると言うものではございませんが、本事後調査が発端となり、関税ほ脱事犯等への調査へ発展するケースもございます。特にその中でも近年、輸入取引に際して、様々な費用・役務の提供が発生する事例も多く、非違輸入事後調査事績の中では、〔代金別払い〕〔無償提供費用の評価加算漏れ〕と言った【関税評価】に絡む非違事案が大半を占めております。 

今般、社団法人日本通関業連合会・会報に【通関士専門研修関税評価コース特別連載・関税評価と事後調査】と題する連載が開始されております。私共、通関業者側からの視点にたった関税評価に対する注意点、事後調査への留意点と言った表現・内容となっておりますが、輸入取引をされるお取引様におかれても、是非ご一読頂き、今後の輸入業務にお役立て頂ければ幸甚です。添付にて今回御案内させて頂く内容は、連載①回~④回目となっております。⑤回目以降分については、改めて御案内申し上げます。ご不明な点については、当社窓口迄お問い合わせ頂きます様お願い申し上げます。何卒宜しくお願い申し上げます。

連載①回目「関税評価と事後調査について」
連載②回目「関税評価と事後調査について」
連載③回目「関税評価と事後調査について」
連載④回目「関税評価と事後調査について」

投稿日: 作成者: kokusai01 カテゴリー: 中越瓦版

2010年10月21日

中越瓦版第58号 APEC開催に伴う交通規制について

-国際輸送・通関・貿易情報のお知らせ -平成22年10月15日(第58号)

いつも大変お世話になっております。

本年11月、横浜市西区(みなとみらい地区)「パシフィコ横浜」におきまして2010年APEC首脳会議(11月13日~14日)及び閣僚会議(11月10日~11日)が開催されます。開催日を含めた主要日程期間である11月7日~11月14日については各国要人が来日、滞在する事から、警備上、開催地横浜市を始め東京都心部、首都高速道路等において交通規制、検問が実施されることとなっております。開催地である横浜港周辺(大黒埠頭、山下埠頭、本牧埠頭)においても交通規制、検問が実施され、それに伴う交通渋滞も予想されます。期間中は通常の道路状況とは大幅に異なり、輸出入貨物の搬出入にも影響が出ることが懸念されます。特に輸出貨物については、期間中においてもCY、CFSカット日は通常通りで変わりはございませんが、上記事由により通常のスケジュール通りに手配が進まない可能性もございます。つきましては特に横浜港を利用される輸出者様におかれましては、上記事由を御勘案頂き、出荷日の調整等、通常よりも1日以上前倒しのスケジュールでの御手配、御対応をお願い申し上げます。御不便をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
ご不明な点については当社窓口迄お問い合わせ頂きます様お願い申し上げます。

                                                                                

 

投稿日: 作成者: kokusai01 カテゴリー: 中越瓦版

2010年10月21日

中越瓦版第56号 中国広州への郵便物全量検査実施へ

-国際輸送・通関・貿易情報のお知らせ- 平成22年10月12日(第56号)

 

いつも大変お世話になっております。中国国家郵政局、並びに海関(税関)総署はこのほど、国内及び海外から「広州アジア競技大会」会場となる広州市・仏山市・東莞市・汕頭市の4都市へ送達される郵便物関係や速達について、全て内容物の安全確認を受けることを義務付けるとの発表がなされました。中国国内からの上記4都市への郵便物については、発地側郵便局で差出人のパスポート、身分証明書の提示が必要なる他、郵便の内容物、受取人情報の開示も義務付けられこととなりました。特に内容物に機能不明な電気装置、粉末類、液体や気体が密封された容器装置については郵送出来ないなどとしております。 

また同様海外からの郵便物に対しても、同様の措置が取られ、ほぼ100%での開封検査が実施される模様です。DHL/UPS/FEDEX等のエクスプレス輸送に際しても郵便物同様の措置が取られる模様、また既に御案内の通り、アジア大会開催期間に前後して、化学品等危険物関連への輸送制限、また一般輸出入貨物に対する税関検査も強化されておりますので、来月11月1日より年末12月31日までの期間中、広州市・仏山市・東莞市・汕頭市の4都市への関連貨物については、検査に係る遅延等も含め充分ご注意頂きます様お願い申し上げます。

また仏山市公安部門は、このほど外国人の違法行為を発見し、通報した市民に対し賞金を授与するとの通達を出しております、本措置も11月12日開催のアジア競技大会に向けた安全策強化の一環と見られますが、広州周辺地域にも同様の動きもあり、海外からの往来者に対する公安関係の取締強化についてもご注意頂き度く、ご不明な点については当社窓口までお問い合わせ頂きます様お願い申し上げます。

                                                                                                                    

投稿日: 作成者: kokusai01 カテゴリー: 中越瓦版