2020年12月01日

中越瓦版第9号 地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の署名について

いつも大変お世話になっております。
2020年11月15日、日本や中国、韓国など東アジアを中心に15か国が参加する地域的な包括的経済連携(RECP)協定が署名されました。

日本としては中国、韓国と初めて結ぶ経済連携協定(EPA)となり、対象国との輸出入にかかる関税について、品目によって段階的に撤廃されるなど、大きく影響が出てくると思われます。
 
発効には、ASEANから6カ国以上、ASEAN以外から3カ国以上の批准が必要となります。

※RCEPに関する資料(税関ホームページ)https://www.customs.go.jp/kyotsu/kokusai/gaiyou/rcep/rcep.htm

※参加国(15か国)
ASEAN10か国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、
          フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)
日本、中国、韓国、豪州、ニュージーランド

本件に関してご不明な点等あれば、弊社窓口までお問い合わせ頂きます様お願い申し上げます。

投稿日: 作成者: kokusai01 カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。