2019年10月18日

中越瓦版第8号 食品衛生法改正について(ポジティブリスト制度導入)

―国際輸送・通関・貿易情報のお知らせ―      令和元年10月18日(第8号)

お客様各位

 いつも大変お世話になっております。
 2018年6月13日に食品衛生法の改正があり、それにより「“食品用器具・容器
包装”にポジティブリスト制度」が導入され、2020年6月に施行されることとな
ります。
 ポジティブリスト制度は、リスクを評価して使用を認めた物質以外は原則使用を
禁止する制度です。

【ポジティブリスト制度の概要】

 1)対象商品   食品用器具・包装容器 <合成樹脂のみ(食品接触部分)>

 2)管理対象者  容器等製造事業者、容器等販売事業者(輸入販売事業者)、
          食品製造販売者(容器等使用者)
          ※原材料メーカーは求めに応じ、リストの適合性を確認
           できる情報を提供

 3)管理内容 1)原材料の確認(原料のCAS NOおよび製造記録の確認)
        2)製品の規格基準への適合情報の提供
         (規格基準は現行通りですので試験成績書は継続利用可能)

《ポジティブリスト(使用可能原料リスト)案》
  https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05148.html

 現在取扱われている製品につきましても、その原料がこれらのリストに含まれて
いるか、2020年6月施行に向け事前にご確認頂ければと思います。

 本件に関してご不明な点等あれば、弊社窓口までお問い合わせ下さいませ。

投稿日: 作成者: kokusai01 カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。